HOME

2022年3月23日

シェアハウスこうじゅ2周年報告(簡略版)

Filed under: お知らせ,スタッフBlog,更新情報,未分類 — 事務局 @ 9:30 AM

大阪府豊中市で2020年2月に開設した「シェアハウスこうじゅ」は、みなさまのご支援で3年目に入ることができました。下記のPDFファイルで、2周年報告から事例報告を割愛した簡略版を掲載しています。事例報告が入った完全版は、ご連絡いただければ、EメールにPDFファイルを添付して送らせていただきます。その際は、次の要領でお願いできればと思います。

「申込メールアドレス」kiboukan@kiboukan.or.jp

「記載内容」1.氏名、2.職業または所属、3.メールアドレス

2021年12月23日

年末年始休業のお知らせ

Filed under: お知らせ,スタッフBlog,更新情報,未分類 — 事務局 @ 9:44 AM

2021年12月29日(水)~2022年1月3日(月)の間、就労支援センター・ホープ・エッグと、電話相談等を休みます。

なおその期間で、大阪市内で宿泊場所等で困った方は、大阪市福祉局が電話相談窓口を開設しているので、下記URLから大阪市のホームページで確認ください。

https://www.city.osaka.lg.jp/fukushi/page/0000303608.html

2021年7月30日

夏季休業のお知らせ

Filed under: 未分類 — 事務局 @ 8:45 AM

8月13日(金)、14日(土)は、電話相談と就労支援センター・ホープ・エッグを休ませていただきます。また、日曜祝日も休みとなります。emailでの相談は行っています。

2020年8月5日

就労支援センター・ホープ・エッグの事業変更について

Filed under: お知らせ,スタッフBlog,更新情報,未分類 — 事務局 @ 4:13 PM

障がい福祉サービス事業として運営しています「就労支援センター・ホープ・エッグ」は、8月1日より就労移行支援事業を廃止し、就労継続支援B型の単独事業所になりました。(以前は、就労移行支援とB型の多機能事業所)

定員数は、B型20人となります。今後ともよろしくお願いいたします。

2016年4月15日

27年度社会福祉振興助成事業報告書をアップしました。

Filed under: お知らせ,スタッフBlog,更新情報,未分類 — 事務局 @ 8:39 AM

27年6月から28年3月の10カ月間、独立行政法人福祉医療機構(WAM)からの社会福祉振興助成を受けて、「困窮者の多様さに対応可能な資源の開発事業」をおこないました。

本事業は、大阪市北区(大阪希望館と大淀寮OB会事務局)、大阪市西成区(困窮者総合相談支援室Hippo.”ひぽ”)と羽曳野市(支縁のまち羽曳野希望館)で、連携する4団体が、それぞれの主たる支援対象にしている人たちに適した仮住まい(シェルター)を連携して設置しながら、各地域でネットワークを作ってつなげていこうという事業です。大阪希望館では主に若年ホームレスや不安定就労者、“ひぽ”では主に単身高齢や障がい・疾病を持つ野宿生活者や生活保護受給者、羽曳野では主に家族やDV被害者を、本事業での主なシェルター利用対象者にしています。

また大阪希望館で、「住まいを失くした人、失くしそうな人」の電話相談・メール相談もおこなっています。

本事業では、大阪希望館で157人、”ひぽ”で25人、羽曳野で5人から、電話・メール・来所で相談を受けて、行政の対策の活用の仕方・相談方法や近隣の公的相談窓口を伝えたり、47人に仮住まいを提供した総合支援を、22人に入居外での支援を行いました。

27年度の事業は終了しましたが、28年度も引き続いておこなっています。

下のタイトルをクリックしていただければ、27年度事業の報告書が、PDFで開きます。

WAM報告書表紙裏表

WAM報告書本文1

WAM報告書本文2

”ひぽ”報告・概略版

なお、報告書では後半部分で、詳細な個別の支援経過を掲載している箇所と、2月13日中間報告会で発表いただいた、ふーどばんくOSAKA,東成区自立支援相談窓口、くらしサポートセンター守口の発表資料を、個人情報と掲載容量の関係で省略させていただいています。それにともない、若干ページ表示が目次と異なる個所もあります。

報告書全体を読まれたい方は、つぎのメールアドレスまで、住所・あて名・電話番号・冊数をお知らせください。

kiboukan@kiboukan.or.jp

報告書は無料、送付の際に、送料の振込先を同封いたします。

 

2016年1月12日

「大阪希望館だより」2016年1月号をアップしました。

Filed under: 未分類 — 事務局 @ 3:33 PM

「大阪希望館だより」2016年1月号をアップしました。

下の文字列をクリックしてください。PDFファイルが開きます。

大阪希望館だより2016年1月

2015年3月2日

「チャレンジネットの終了と希望館の次の一歩」をアップしました。

Filed under: 未分類 — 事務局 @ 11:11 AM

沖野充彦(大阪希望館運営協議会事務局長)からの投稿文章として、「OSAKAチャレンジネットの終了と希望館の次の一歩」をPDFファイルでアップしました。

こちらもあわせてお読みいただければうれしいです。

下の文字をクリックください。表示されます。

OSAKAチャレンジネットの終了と希望館の次の一歩

2010年7月6日

「大阪希望館」設立1周年記念集会 を開催します(7月31日)

Filed under: お知らせ,スタッフBlog,未分類 — 事務局 @ 11:29 PM

盛夏の折り、皆様にはご健勝でお過ごしのことと思います。

大阪希望館の運営にご協力を頂き心から感謝申し上げます。大阪希望館が運営開始をして1年が経過しました。「大阪を大きなセーフティーネットワークの街」にしていくため、2年度も新たな気持ちで活動を行っていきたいと思います。

つきましては「大阪希望館設立1周年記念集会」を下記のとおり開催します。皆様のご出席をお願いし、ご案内を申し上げます。

◆日 時:2010年7月31日(土)

受付開始   13時30分〜

 開会      14時00分〜

 終了                16時00分 

 ◆場 所:大淀コミュニティセンター

〒531-0074     大阪市北区本庄東3-8-2      電話:06-6372-0213 

 ooyodo

 ◆ 内 容

●ミニコンサート

「さすらいのピアマン・合田清さん & 竹内俊浩さんのミニコンサート」

〜音楽を通じて見える「1すじの希望の光」〜

♪ ミニコンサート演奏者プロフィール♪

さすらいのピアノマン 合田 清 さん

 大阪・西成・通称釜ケ崎。2005年釜ヶ崎の三角公園でバッハの曲を弾いていた1人のピアノマンがいた。合田清は元音楽教室主催者。神戸で教室を開いていたが阪神大震災で全てを失い、流浪の果てにあいりん地域へたどり着く。4年間のホームレス生活で絶望を感じながらも、音楽が与える「生きる力」を再確認し「さすらいのピアノマン」として復活する。2006年にはCD「祈り -The Water of Blue-」をリリース。「ろくな者じゃの会」メンバー。現在は音楽活動を行うかたわら、ホームレスの人々と共に歌うことで再生・自立・希望を促そうと「クリーンランド男声合唱団」の設立に奔走中。「ろくな者じゃの会」の寝袋くばりにも参加している。

竹内俊浩 さん

 浪速のジャクソン・ブラウン「タケソン・ブラウン」としてライブ活動中。自立支援センターでホームレスの人たちの就労支援業務に従事。たまたま西成区民センターで合田さんのピアノを聞き感動、音楽に対する情熱に共鳴する。2006年には「再チャレンジ」テレビ番組に合田さんを紹介する等、合田さんの活動を支援してきた。「クリーンランド男声合唱団」にも参加。

 ●大阪希望館のこの1年の活動報告 活動紹介/利用者の声

  沖野充彦「大阪希望館」運営協議会事務局次長ほか

 ●講演会「社会を変革する希望の力」 

        講師 金子 昭さん(天理大学)

◇ 講演会講師プロフィール ◇

金子 昭 さん

 天理大学おやさと研究所教授。1961年、奈良県天理市生まれ。1989年、慶應義塾大学大学院博士課程修了。哲学博士。1995年、和辻賞(日本倫理学会賞)受賞。主な著作に、『シュバイツアーーその倫理的神秘主義の構造と展開』、『天理人間学総説』、『天理教社会福祉の理論と展開』、『驚異の仏教ボランテイアー台湾の社会参画仏教・慈済会』、『天理経営論総説』、など。

2010年3月15日

あんがいおまる一座「大阪希望館」公演迫る!!

Filed under: お知らせ,スタッフBlog,未分類 — 事務局 @ 5:29 PM

 あんがいおまる一座とごくらくとんぼ一座の皆さんによる合同公演「大阪希望館」が近く上演されます。これに際しまして、あんがいおまるさんから「大阪希望館」利用者の皆さんを無料で招待していただくとともに、「大阪希望館」が斡旋させていただいたチケット販売代金(約15万円)の全額を「大阪希望館」運営資金に寄付していただきました。

 あんがいおまる一座の皆さんには「大阪希望館」設立段階からご支援いただいており、昨年7月の設立記念集会にもボランティアで演劇版「大阪希望館」のダイジェストを演じていただきました。

 また、あんがいおまるさんは難波利三さんの小説「大阪希望館」の演劇を通じて平和の大切さを訴えていきたいと仰っています。2007年、格差と貧困の拡大の中で、赤木智弘さんの語った「希望は戦争」と言う言葉が社会に衝撃を与えました。現在も貧困問題は深刻な実態にあり赤木さんの言葉を軽々に批判できない社会状況は続いていますが、若者にとって希望が戦争であってはならないのも真実です。ささやかではありますが、「大阪希望館」を介した私たちの交流が「希望は平和」というムーブメントにつながっていけばと思います。

 今回のあんがいおまる一座の皆さんのご好意に心からお礼申し上げるとともに、合同公演「大阪希望館」のご成功を私たち「大阪希望館」としてもお祈りします。

【「大阪希望館」公演日程とチケット購入について】

  • 公演日時 4月10日(土)PM6:00〜/11日(日)PM1:00〜
  • 公演会場 ワッハホール(大阪市中央区難波千日前12-7・℡06-6631-0884)
  • 入場料  前売3,000円 当日3,500円 子ども1,500円(前売・当日とも)
  • チケット申し込み チケット専用フリーダイアル0120-334-139
  • 大阪希望館公演チラシはこちらをクリック

2010年3月4日

中島岳志さん招き「希望館」テーマにシンポジウムが開催されます

Filed under: お知らせ,スタッフBlog,未分類 — 事務局 @ 10:13 AM

自治研チーム見学先日、自治労大阪府本部の皆さんが5月に開催される「地方自治研究集会」の打ち合わせを兼ねて「大阪希望館」を訪問されました。自治労大阪府本部の皆さんは連合大阪を通じて「大阪希望館」を支援してくださっています。

自治労大阪府本部が5月22日に開催する「地方自治研究集会」の分科会のひとつとして「大阪希望館」の取り組みを中心に現代の貧困問題とその克服に向けた課題を考える講演・シンポジウムを開催されるそうです。

この講演・シンポジウムには、ホームレス支援活動にも積極的に参加し貧困問題にも積極的に発言されており、また「大阪希望館」の呼びかけ人でもある中島岳志さん(北海道大学准教授)が参加されるそうです。また、「大阪希望館」からも沖野事務局次長による活動報告やOBからの発言なども行なう予定です。

自治労の皆さんによると「地方自治研究集会」には組合員だけでなく、市民の皆さんにも広く参加を呼びかけたいとのことですので、「大阪希望館」を応援してくださっている皆さんの積極的な参加をお願いします。なお、詳しい開催要項や参加申し込み方法は改めて教えていただけるそうなので、後日改めてお知らせします。

次ページへ »