HOME

2021年10月4日

豊中市の“シェアハウスこうじゅ”では、初期費用がない、保証会社が使えない方などの入居相談にのっています。

Filed under: お知らせ,スタッフBlog,更新情報 — 事務局 @ 4:52 PM

 豊中市穂積(阪急庄内と服部天神の中間)に開設している「シェアハウスこうじゅ」(3階建40室)では、入居初期費用がない、家賃滞納や緊急連絡先がないなどの理由で保証会社が使えないために、住まいを確保できない方の入居相談に乗っています。入居月の家賃は、なければ事後の分割払いでも大丈夫です。ベッド・冷蔵庫・テレビ・机・エアコン・棚・照明器具は備付ています。布団、電気ケトルは、入居後2~3か月を目途に、無料での貸出も可能です。

 ただし、自室以外は共同生活なので、下記のルールを守ってもらえる人に限ります。また、生活音や共用部の使い方に対する気になり方は、人それぞれに違いや幅があるので、お互いに譲り合い、受容しあって生活してもらう必要があります。入居してもらえるかどうかを決めさせていただく前に、見学と面談が必要です。

 主なルールは次の通りです。(他にもあります)

・喫煙所以外では喫煙しない(自室・共用部での喫煙は禁止)。

・ゴミは分別してルール通りに出す。

・飲酒は居室以外ではしない。(共用部での飲酒は禁止)

・騒がない(特に夜間)。

・他の入居者に苦情がある時は、本人に直接言わず事務所に伝える。

・(トイレ・炊事場など)共用部はきれいに使い、汚したら自分で清掃する。

・その他他の入居者や近隣に迷惑になることをしない。などです。

 また、女性は、3か月以内の定期借家契約での入居になります。入居後3か月以内に転居先を探して転居していただく必要があります。

 職員は、日曜を除いて日中は常駐しています。

 くわしくは、居住支援のタグを開いて、「シェアハウスこうじゅ」の項目を見てください。

 入居に関する問い合わせは、祝日を除く月・水・金の午前10時~12時、午後1時~4時に、06-6358-0705(大阪希望館) 担当・沖野 までお願いします。ただし、担当者不在の時もあります。

2021年6月17日

情報提供:8月28日(土)あさ10時~扇町公園で食料配布が行われます。(主催:認定NPO法人ふーどばんくOSAKA)

Filed under: お知らせ,スタッフBlog,更新情報 — 事務局 @ 2:17 PM

8月28日(土)あさ10時~ひる12時の間、「コロナにかつ!いのちをつなぐ緊急『食』支援」として、認定NPO法人ふーどばんくOSAKAさんの主催で、食料配布が行われます。場所は、扇町公園(北区役所・関西テレビの西側)です。

1000人分が用意されているということで、予約は不要です

チラシは、下の文字列をクリックすると開きます。

2021年2月17日

シェアハウスこうじゅ開所1周年の記事が、佼成新聞デジタルに掲載されました。

Filed under: お知らせ,スタッフBlog,更新情報 — 事務局 @ 1:34 PM

2021年2月、大阪府豊中市で運営しています「シェアハウスこうじゅ(関西光澍館)」が、開所1年を迎えました。建物をお貸しいただいている立正佼成会が発行する佼成新聞デジタルに、特集記事が掲載されました。以下のタイトルをクリックしていただければ、開きます。

2020年9月15日

ホームページの常時SSL化(HTTPS化)のお知らせ

Filed under: お知らせ — 事務局 @ 11:19 AM

 日ごろより、大阪希望館ホームページをご利用いただき、誠にありがとうございます。

 この度、当ホームページを安心してご利用いただくためのセキュリティ対応として、常時SSL化(HTTPS化)を実施しました。

 それに伴い、URLが変更となりましたので合わせてお知らせします。

  • 旧:http://www.osaka-kiboukan.jp
  • 新:https://www.osaka-kiboukan.jp

  ※「http」が「https」に変わります
  ※「www.」なしでもアクセスできます

 なお、「http://」でアクセスした場合でも、自動的に「https://」へ転送されますが、この機会に、ブックマークの変更などしていただけますと幸いです。

 また、当ホームページへのリンクをいただいている場合や、紙媒体などでご紹介いただいている場合は、お手数をおかけしますが、新URLへの変更をお願いします。

 常時SSL化(HTTPS化)は、インターネット上で通信されるデータを暗号化して送受信するもので、当ホームページをご利用の際のプライバシー保護などの効果が期待できます。

 皆さまに安心してご利用いただけるWebサイトの運営を心がけてまいりますので、今後ともよろしくお願いいたします。

2020年8月5日

就労支援センター・ホープ・エッグの事業変更について

Filed under: お知らせ,スタッフBlog,更新情報,未分類 — 事務局 @ 4:13 PM

障がい福祉サービス事業として運営しています「就労支援センター・ホープ・エッグ」は、8月1日より就労移行支援事業を廃止し、就労継続支援B型の単独事業所になりました。(以前は、就労移行支援とB型の多機能事業所)

定員数は、B型20人となります。今後ともよろしくお願いいたします。

2020年5月29日

「シェアハウスこうじゅ」(豊中)での入居時支援を引き続き実施しています。

Filed under: お知らせ,スタッフBlog,更新情報 — 事務局 @ 9:02 AM

コロナショックで仕事がなくなったり収入が減って家賃が払えなくなり住まいを失った、ネットカフェに泊まっていたが休業したためビジネスホテルに移ったが、そろそろ宿泊費用もなくなってきたなど、コロナショックで仕事と住まい・寝場所をなくした方に、大阪府豊中市に開設した「シェアハウスこうじゅ」で、住まいの支援をしています。

7月末まで対象期間を延長します。支援内容は次の通りです。

1、入居初期費用(敷金礼金・前家賃・家賃保証会社の保証料など)はいりません。火災保険料(3940円)は、入居後1か月〜1か月半後の支払いになります。

2、家賃(月額4万円)は、次の期間(入居日から最大2か月間)不要です。(家賃不要期間の共益費水光熱費(月額1万円)は、入金後に支払い)

① 失業手当や緊急小口資金貸付・総合支援資金貸付などを申請する場合 → 口座に入金した日まで。

② 住居確保給付金や生活保護を申請する場合 → 申請日まで(住居確保給付金は家主に直接入金するので、支払いは不要です。生活保護の場合は、住宅扶助費を受け取ったときに支払ってください。)

③ 上記①②いずれも申請せず、就労収入だけの場合 → 入居日から2か月間

3、手持ち金(貯金をふくめて)が2万円以下の場合は、2週間以内ですが、食糧支援をします。(アルファ米・缶詰・レトルトカレーなど)

4、布団、電気ケトル、炊飯器などは一定期間無料で貸し出します。(テレビ、ベッド、机、冷蔵庫は各部屋に、電子レンジは談話室に備え付けています)

〔シェアハウスこうじゅ(関西光澍館)(大阪府豊中市庄内)〕 2020年2月にオープンした40室ある元学生寮の建物です。家賃4万円・共益費光熱水費1万円で決して安くはないですが、共同生活が可能な方であれば、入居費用や家財道具、保証人も緊急連絡先もなくても、家賃保証会社が使えなくても入居することができます。生活用品も一定期間無料で貸し出しますので、身一つで入ってもその日から生活することができます。くわしくは、「居住支援」タグを開いてください。

住居確保給付金や緊急小口資金貸付などの情報は、4月1日にアップした「大阪希望館NEWS コロナショックや派遣法改正の影響で仕事と住まいをなくした方へ」を参照してください。

問合せは、Eメール:osaka.kiboukan@gmail.com(終日可能)返信は翌日以降になる場合もあります。

または電話:06-6358-0705(祝日除く月・水・金・土の10時〜12時・13時〜16時)でお願いします。担当者不在の場合は、氏名・性別・年齢・電話番号・問い合わせや相談の大まかな内容を伝えてください。後ほど折り返し電話をかけさせていただきます。

その後、日時を設定して事務所(大阪市北区天神橋7-13-15)に来所いただき、面談させていただくことになります。

 

2020年4月22日

コロナショックで仕事と住まい・寝場所をなくした方へ(2)

Filed under: お知らせ,スタッフBlog,更新情報 — 事務局 @ 2:49 PM

コロナショックで仕事がなくなったり収入が減って家賃が払えなくなり住まいを失った、ネットカフェに泊まっていたが休業したためビジネスホテルに移ったが、そろそろ宿泊費用もなくなってきたなど、コロナショックで仕事と住まい・寝場所をなくした方に、大阪府豊中市に開設した「シェアハウスこうじゅ」で、住まいの支援をします。

当面は、5月31日までに入居する人が対象です。(延長する可能性はあります)支援内容は次の通りです。

1、入居初期費用(敷金礼金・前家賃・家賃保証会社の保証料など)はいりません。火災保険料(3940円)は、入居後1か月〜1か月半後の支払いになります。

2、家賃(月額4万円)は、次の期間(入居日から最大2か月間)不要です。(家賃不要期間の共益費水光熱費(月額1万円)は、入金後に支払い)

① 失業手当や緊急小口資金貸付・総合支援資金貸付などを申請する場合 → 口座に入金した日まで。

② 住居確保給付金や生活保護を申請する場合 → 申請日まで(住居確保給付金は家主に直接入金するので、支払いは不要です。生活保護の場合は、住宅扶助費を受け取ったときに支払ってください。)

③ 上記①②いずれも申請せず、就労収入だけの場合 → 入居日から2か月間

3、手持ち金(貯金をふくめて)が2万円以下の場合は、2週間以内ですが、食糧支援をします。(アルファ米・缶詰・レトルトカレーなど)

4、布団、電気ケトル、炊飯器などは一定期間無料で貸し出します。(テレビ、ベッド、机、冷蔵庫は各部屋に、電子レンジは談話室に備え付けています)

〔シェアハウスこうじゅ(関西光澍館)(大阪府豊中市庄内)〕 2020年2月にオープンした40室ある元学生寮の建物です。家賃4万円・共益費光熱水費1万円で決して安くはないですが、共同生活が可能な方であれば、入居費用や家財道具、保証人も緊急連絡先もなくても、家賃保証会社が使えなくても入居することができます。生活用品も一定期間無料で貸し出しますので、身一つで入ってもその日から生活することができます。くわしくは、「居住支援」タグを開いてください。

住居確保給付金や緊急小口資金貸付などの情報は、4月1日にアップした「大阪希望館NEWS コロナショックや派遣法改正の影響で仕事と住まいをなくした方へ」を参照してください。

問合せは、Eメール:osaka.kiboukan@gmail.com(終日可能),

または電話:06-6358-0705(祝日除く月・水・金・土の10時〜12時・13時〜16時)でお願いします。

その後、日時を設定して事務所(大阪市北区天神橋7-13-15)に来所いただき、面談させていただくことになります。

2020年4月1日

コロナショックや派遣法改正の影響で仕事と住まいをなくした方へ

Filed under: お知らせ,スタッフBlog,更新情報 — 事務局 @ 2:09 PM

コロナウィルスによる経済と雇用への影響が拡大しています。また、今年度からの派遣法改正による混乱も追い打ちをかけているとの報道もあります。コロナショックや派遣法改正の影響で仕事と住まい(社宅や寮も)をなくした方は、ネットカフェやホテルなどに緊急避難するよりも、国などの支援策を積極的に活用することをお勧めします。

1、住まいもなく所持金も収入の当てもない方 → 各自治体の福祉事務所(福祉課・生活福祉課・生活支援課などの名称の生活保護担当のところ)や生活困窮者の相談窓口(生活自立支援やくらしサポート・〇〇サポートなどの名称)に相談することをお勧めします。「一時生活支援事業」という、一時的に寝場所と食事を提供してくれる公的な支援策があります。(大阪府下ではほとんどの自治体が行っています。他府県では実施していない自治体もあるようです。)

2、失業手当や緊急小口資金・総合支援資金貸付などの申請をしたいが住民票を置ける住まいがないため申請できない方、基準以上の預貯金や手持ち金があるため生活保護や一時生活支援事業を利用できないが部屋を借りるだけの資金や緊急連絡先などがないため部屋を借りることができない方など → 大阪希望館でも支援することができます。くわしくは、大阪希望館ホーム・ページの「居住支援」タグをクリックしてください。次の支援策があります。

〔支援ハウス・ホープ(大阪市北区天六)〕 原則1か月以内で無料で仮住まいの提供をします。生活費は出ません。ただし現在5室+談話室しかなく、また大阪市を除く大阪府下自治体の一時生活支援事業からの依頼も受けているため、入れない場合があります。

〔シェアハウスこうじゅ(関西光澍館)(大阪府豊中市庄内)〕 2020年2月にオープンした40室ある元学生寮の建物です。家賃4万円・共益費光熱水費1万円で決して安くはないですが、共同生活が可能な方であれば、入居費用や家財道具、保証人も緊急連絡先もなくても、家賃保証会社が使えなくても入居することができます。生活用品も一定期間無料で貸し出しますので、身一つで入ってもその日から生活することができます。

〔参考資料〕PDF

緊急小口資金

総合支援資金貸付

住居確保給付金(豊中市)

緩和住居確保給付金・豊中(4月20日から実施)

〔その他、大阪府内のネットカフェ料金に近いホテルの情報〕

(大阪府ホーム・ページ)インターネットカフェ等使用制限に伴う代替施設として利用が可能な宿泊施設

http://www.pref.osaka.lg.jp/kikikanri/netcafe/kanoshisetsu.html

2020年3月26日

「2019年度手帳を持たない触法・ホームレス障がい者等の社会参加支援事業」報告書をアップしました。

Filed under: お知らせ,スタッフBlog,更新情報 — 事務局 @ 8:46 AM

当法人では2019年度、独立行政法人福祉医療機構の2019年度社会福祉振興助成を受けて、「手帳を持たない触法・ホームレス障がい者等の社会参加支援事業」をおこないました。当法人では2009年以降、「ネットカフェ難民」等と呼ばれた仕事や住まいを失った若者たちの生活再建を支援する事業を開始しました。また、2015年度からは就労支援センター・ホープ・エッグを開設し、就労移行支援・就労継続支援B型の障がい福祉事業を始めています。

本報告書に記載しています事業は、そのような過程で出会ってきた、支えてくれる家族などがおらず、しかも知的障がいや発達障がいなどの可能性はあるが手帳を持っていない人やボーダーラインにある人たちを、どうやって支えて生活と就労の再建をはたしていけるのか、その模索の上に立っておこなったものです。

事業名は「触法・ホームレス障がい者等」としていますが、世帯の単身化・孤立化が進む中で、支えてくれる人がいないが支援制度を(まだ)使えない障がい者やボーダー層に、障がい福祉はどう向き合えばいいのかを考える一つの材料となることができればと考えています。

つたない報告書ですが、ご一読くださればありがたいです。下記の「報告書本文」をクリックしていただけば、PDFファイルで報告書本文が開きます。

報告書本文

2020年2月8日

「シェアハウスこうじゅ(関西光澍館)入居案内」と「大阪希望館概要(改訂版)」をアップしました。

Filed under: お知らせ,スタッフBlog,更新情報 — 事務局 @ 11:49 PM

シェアハウスこうじゅ(関西光澍館)の入居案内をアップしました。

A4の三つ折り版です。

下のタイトルをクリックしていただければ、PDFファイルが開きます。

シェアハウスこうじゅ入居案内

また、シェアハウスこうじゅの開設に伴い、「大阪希望館概要」を改定しましたので、こちらもアップしました。

希望館概要 2020

 

 

次ページへ »